【心願成就 応援します】呪い代行と詐欺の問題

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

呪い代行を謳った詐欺まがいの業者が存在するのも事実です。

そもそも「詐欺」とはどのような行為で、
「詐欺罪」とはどのような罪を指すのでしょう。
刑法には以下のように規定されています。

刑法第246条(詐欺)
  人を欺いて財物を交付させた者は、十年以下の懲役に処する。
2 前項の方法により、財産上不法の利益を得、又は他人にこれを得させた者も、同項と同様とする。

すなわち、
 ・欺罔(ぎもう)
 ・錯誤(さくご)
 ・任意交付(にんいこうふ)
を順番に全て満たすと「詐欺罪」になるというわけです。

「無銭飲食」は典型的な詐欺です。
飲食代金を当然に支払うという態度で店員を欺き、飲食物を交付させるからです。

「無賃乗車」も同様に、典型的な詐欺です。
物品の交付はありませんが、サービスを提供させることが246条2項に相当するからです。

しかしここで難しいのが
「最初から代金を支払うつもりが無かった」ことを立証できなければ詐欺罪は構成要件を欠きます。
正規に代金を払うつもりで飲食店にやって来たが、食事を済ませた後でサイフを忘れたことに気付いた場合次のいずれかになります。
  ・サイフを取ってきて、弁済した場合
     罪にならず。
  ・食い逃げを思い立って店員の隙をついて店から逃走した場合
     刑法上の罪にならず。(民法上の責任を負う)
     ※詐欺罪は不成立。窃盗罪でもない。

呪い代行「業者」の場合は立場が逆になるのですが、
「最初から呪い代行サービスを提供するつもりが無く、
 顧客から金銭を受け取った」場合、詐欺罪が成立します。
「最初は呪い代行サービスを提供するつもりであったが、
 金銭を受け取ってから、ヤハリ呪い代行を行わなかった」場合、
詐欺罪に問う事は(厳密には)できません。
ただし契約不履行ということで原状復帰(契約料の返還)の責任を負います。
また、損害賠償の請求対象にもなります。

この業界で難しいのが、
「本当に何らかの儀式を実行しているのか?」という点です。
通信販売ではありませんので、自宅に何か商品が届くわけではありません。
中には儀式の様子を撮影したビデオなどを送る業者も居るようですが、映像を使いまわしている可能性も充分に考えられます。
また、容易に儀式の様子を撮影するような流派・陣営には、未だかつて純粋に「呪術」「呪いの技法」を会得しようとした者を私は見たことがありません。

呪い代行詐欺から自身を守るには、少しでも不安な点があればただちに質問し、解消していく、ということが重要です。
実際の儀式は「どのような方法で行われるのか?」「いつ(何時頃~何時頃)行われるのか?」「祈祷師・呪術師は何名? どの程度の位を持つ?」
また、祈祷料の入金先が個人名義であったりする場合も要注意でしょう。

そしてもう一つ、
「呪い返しから身を守るには?」
という質問をされてみて下さい。

『呪い返しはありません』と返答した業者は、ほぼ間違いなく祈祷や儀式を行っていません。呪い返しは、確実に「祈祷師(呪術師)」および「依頼者(祈願者)」の双方に生じるものです。
※ただし、 祈祷師 >> 依頼者
また、「○○のような姿勢をし、○○に向かって○○を唱えなさい」などと指示する業者も間違いなく詐欺です。
祈祷の最中は、依頼者には特に平常心すなわち穏やかな心が求められます。普段、文言など唱えた事もない者にある日突然唱えるように指示すると、心中は大変ぎこちない状態になり、不安定になります。
また、呪いのことをより一層強く頭で考えてしまい、憎悪に満ちた心になってしまいます。
本当に祈祷・儀式を行っているのであれば、確実に依頼者は呪い返しの餌食になります。

こうした詐欺まがいの業者には特にご注意下さい。